知っておきたい!トイレ詰まりを引き起こす原因


トイレを詰まらせてしまう物

トイレに関連するトラブルの多くは、流した物が詰まってしまうことによって引き起こされます。もっとも多いといわれているのは、異物を流すことによるトラブルです。掃除に使用するスポンジやハンカチ、紙ナプキンなどの異物を便器に落としてしまった時、そのまま無理に流そうとするとトイレ詰まりを引き起こします。また、トイレットペーパーなど本来流しても良いはずのものでも、量によってはトラブルの原因となることがあるため、注意が必要です。トイレットペーパーは水に溶けるよう作られていますが、一度に大量に流そうとすると、排水管を詰まらせる原因となります。ペット用トイレ砂や使い捨て掃除シートなども、トイレ詰まりの原因になりやすい傾向です。

節水対策が原因となることも

トイレは水圧によって、便器内のものを排水管へと流す仕組みになっています。このため流れる水の量が不足していると、水圧が足りなくなりトイレ詰まりトラブルが起きてしまうのです。節水対策としてトイレシンクにペットボトルを入れていたり水の元栓をしめて水量を減らしてる、という方は少なくないでしょう。こうした対策をするとトイレを流す際の水の量を減らせるため、水道料金を節約することができます。しかし水量を減らすと水圧も低下してしまうため、正常に流すことができず詰まりトラブルを引き起こしてしまうのです。トイレ詰まりトラブルを起こさないためには、水量を減らしすぎてしまわないよう、ほどほどの節水対策を心がけることが大切でしょう。

水漏れは専門の業者に連絡すれば直すことができます。24時間対応のところもあるので、夜中でも大丈夫です。