照明焼けを防ぐにはどうする?照明の熱が気になるときは?


照明焼けを防ぎたいならLED照明にする

太陽光には強い紫外線が含まれており、それによって日焼けが生じます。日焼けは人の体などに対しては黒くさせますが、塗料などに対しては色の成分をはげさせてしまいます。部屋の中でも日差しが入る部分だけ色が変わることなどはよくあるでしょう。実は蛍光灯にも紫外線が含まれていて、長く当てていると太陽の日焼けと同じように色が変色してしまいます。飾っている写真や絵画から照明焼けを防ごうとするならLEDに変更するのが有効な手段です。LED照明の全てに紫外線が含まれていないわけではありませんが、一般的なタイプなら紫外線は含まれていません。そのため、明るく照らしていたとしても照明焼けの現象は起きないでしょう。照明焼けを嫌って飾っていなかったものでも飾れるようになります。

卓上照明をLEDにすれば熱を感じにくい

勉強をするときや本を読むときにより明るくしようと卓上照明を使うときがあるのではないでしょうか。明かりをつけた当初は何も感じませんが、そのうち熱を感じるときがあります。かつての卓上照明は白熱電球を使うものや蛍光灯を使うものが主流でしたが、これらは明るさとともに熱も発生させるため、その周辺が熱くなってしまいます。夏などは特に熱く感じたかもしれません。夏の卓上照明の熱が気になるならLEDに変更してみましょう。LEDは全く熱を発しないわけではなく一定の熱は発しますが、それでも白熱電球などに比べると低い温度のため、触ったとしても少し温かさを感じる程度です。冬などに照明器具の熱が得られにくいのはデメリットかも知れませんが、気にならないほどでしょう。

明度が高く電気代も安く抑えられるLEDライトパネルは宣伝効果が高い広告媒体として広く普及しています。特に小売店や飲食店では動画を流す機能を付けて、商品を効果的にアピールする目的で多用されています。