CADとはどんなものなの?導入するメリットや注意点について


CADの概要と種類について

CADとはコンピュータによる設計支援システムの総称です。かつては手で書いていた図面が、CADによってコンピュータで設計できるようになり、生産性の向上に貢献しました。1960年代に航空機の設計に使われていたツールがCADの基であり、現在では住宅設計や機械製品など、さまざまな分野でCADが普及しています。CADには図面を2次元で表現する2DCADと、3次元で立体の製図を行う3DCADの2種類があります。立体でイメージをつかみやすい3DCADの需要が高いですが、紙図面と同様の感覚で扱える2DCADの支持も根強く、用途によって使い分けられています。

CADを導入するメリット

CADのメリットの一つは修正や編集が容易なことです。コンピュータで修正したい部分のみを削除することができるので、作業の効率化に役立ちます。寸法についてもソフト側で計算させられるので、単純な計算ミスもなくなります。また、CADの図面はデータで管理されるので、複製や保管も簡単に行えます。紙の図面を保管するためのスペースはいりません。図面をサーバー上に保存することも可能で、持ち運びに困ることなく一同に多くの人間が同時に見ることもできます。

導入する際に注意すること

CADを導入する際に注意するべきことは、導入にコストがかかることです。コンピュータやソフトウェアの購入費用だけでなく、メンテナンス費用も必要です。ソフトの操作など覚えることも多く、すぐに作業効率が上がるわけではありません。CADはデータ共有ができるメリットがありますが、互換性に気をつける必要があります。取引先で扱っているデータ形式に対応していないと問題なので、ソフト選びの際に注意しておきましょう。

電気CADは、電気設計専門のCADです。設計における時間を短縮したり作業効率をアップさせたりなど、様々なサポートをしてくれます。